■9月4日 開陽台に思う

中標津(なかしべつ)に、開陽台という場所がある。
どうも昔からここが好きだ。

標高270mの丘の上に、展望台があるだけ、
極論するとそれだけの場所なのである。
ただし、周囲は牧場や畑ばかりの大平原地帯。
だから、遥か彼方まで見通しが効く雄大な光景なのである。
ぐるりと地平線を見渡すことができるこの場所からは、
晴れていれば国後島が間近に見える。
展望台の裏手にはキレイな草地が広がっていて、キャンプができる。
本来ここはキャンプ場ではないのだが、
ここにテントを張るのが旅人の定番となっている。

オートキャンプはできない。夜は照明が無いので真っ暗闇。
広大な平原地帯のど真ん中なので、しばしば猛烈な風に襲われる。
自然の過酷さを、イヤというほど見せつけられる。
そんなワイルドなところが、逆にライダー達をひきつける。
初めて訪れた時の鮮烈な印象が、オレの中に今でも残っている。
内地の風景とはかけはなれたこんな場所こそ、
オレは本当に旅気分を味わえるのだ。
できればいつまでも、変わらずにいてほしい場所なのだ。

BACK | NEXT
INDEX



NEXT
開陽台展望台より。
開陽台付近の道。北19号。
※画像クリックで拡大します。
撤収後、国道272をのんびり走って、釧路へ向かう。
信号が全然無い快適なルートだ。風景も良い。
それから国道38号に入ったが、ここからが妙に眠かった。夕べの酒のせいだろうか?
あまりに眠いので、浦幌(うらほろ)という町でギブアップ。
人が3人しかいない寂しいキャンプ場で、酒飲んで寝た。
開陽台には人がたくさんいたのに、空いてるキャンプ場は徹底的にガラガラ。
これが近年の傾向なのだ。
中標津空港に咲き乱れるコスモス。もう秋になってしまったのか。
国道沿いの牧場。
国道から少し道を外れるだけで、こんな雄大な光景がいくらでも広がっている。秋の空がキレイだ。
38号に入ると,途端に道は単調になる。写真を見ただけで、あの時の眠さがよみがえってくる。午後の西向きコースは特にダメなようだ。